普通の記事

無料で手に入る廃材の集め方

投稿日:2017年11月13日 更新日:

DIYをすると材料費が結構かかってしまいますよね。

少しでも経費を抑えたい!

でもちゃんとした木材が欲しい!

 

今回は廃材を無料でもらえる方法というか、

拾ってくる方法をご紹介します。

これを機会に廃材を手に入れてください。

 

スポンサーリンク



 

廃材を無料でもらう方法

 「建設現場に行ってみる」という方法です。

 

新築の家を建てている現場に行って作業を

されている方に声をかけて、

「いらない材料があれば使いたいのですが

余っていませんか?」などと声をかけてみます。

 

 

そういったところには、現場で材料を切って

いらなくなった端材や、余った材料などが

大抵置いてあります。

 

現場の方も捨てるだけの廃材なので、

「持って行っていいよ!」と言っていただける

ことが多いと思います。

 

廃材といっても綺麗な材料があったりもします。

もちろん汚いのもありますが・・・。

 

 

 

 

家の外の物でDIYで作りたい物がある時や、

練習用に使いたい場合などにはこういった

廃材を利用すれば無料で手に入るのでお奨めです。

 

現場の方と仲良くなることができたら、

もしかしたら良い材料を分けてもらえる

可能性もあるでしょう。

 

頂いた後は、お礼に缶コーヒーでも

差し入れすれば尚良いかと思います☆

 

ただ、私みたいに人と話すのが苦手で

「現場の方とお話なんてできません!」という方は、

現場の方と仲良くなる必要はありません。

 

勇気を出して「すいません!廃材をください!」

と頑張って一言だけ言ってみましょう!

 

私はまだ断られたことがないので。

材料調達について

無料ではないのですが、ホームセンターにいけば

端材が安く手に入れられます。袋に詰め放題で

〇〇円とかあるので近くのホームセンターを

チェックするのもいいかと思います。

 

また、ホームセンターでも端材や必要で

無くなった材料を安く売ってるところもあります。

そういったところをチェックすると自分の

欲しい材料が見つかる場合があります。

 

それと100均の「すのこ」も結構使い道が

ありますよ!

数枚のすのこを組み立ててみたり、すのこを

分解してその材料を使うなどいろいろと使い

道があるので試してみるといいと思います。

 

 

私の実体験について

まだDIY自体は始めてはないのですが、前々から

興味があったのでいろんなところを見てきました。

 

そして実際に建設現場の方に一声かけて廃材を

もらったことがあります。

 

その時は、少し白いペンキがついた板をもらいました。

他にも使える物がいっぱい捨ててありました。

 

本当に新品といえる端材が捨ててあったりしたので、

材料が欲しい時には行ってみるのもいいなと。

 

こちらは無料で材料が手に入り、建築現場の方は

ゴミが減るので一石二鳥だと思います。

 

ちなみに、私の勤めている会社には廃材がある

ので建設現場に行く機会はあまりないのですが、

「これが欲しい!」という材料がある時は

足を運ぶようにしています。

 

ちょっと声をかけるの勇気いりますけど。

 

 

スポンサーリンク



 

 


DIYフリークの集い

(ウェブリング)

前へ
ド素人がはじめたDIY
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A
ランダムでサイトをひとつ紹介します。






-普通の記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドリルビット購入しました☆

DIYを始めて最初の頃にドリル ビットやプラス・マイナスビット のセットを購入しましたが、 今回はより大きな穴をあけること ができるドリルビットを購入しま した!   穴あけをすることでネジ …

DIY始めました☆★☆

今まで全くやったことがなかったのですが、前々から興味があってやってみたいなと思っていたことがあります。 D・I・Y(Do It Yourself) 学生時代に技術の授業で工作をした以来、全く物を作るな …

DIYで汚れた壁紙をきれいにする

お子様がおられる家庭は特にだと 思いますが、壁紙って汚れちゃい ますよね?   この壁紙の汚れを簡単に落とせる 消しゴムを発見しました! その名も「壁の汚れ消しゴム」。 そのままですが、これ …

クランプとのこぎりとドリルビット

DIY用の工具を買いました☆ クランプとドリルビットです。のこぎりはDIYを始めよう!って決めるだいぶ前から持っていたのでここでは 簡単に紹介するだけにします。 ドリルビットは絶対に必要な工具ですね! …

最近のコメント