ビットの種類

ビットの種類を知ろう!皿取りと座ぐりカッターの使い方

投稿日:2018年8月21日 更新日:

ビットの種類の第2弾!

今回はDIYでよく使う加工、面取りと穴あけ!

「皿取り」と「座ぐりカッター」についてです。

皿取りでどういったことができるのか?

座ぐりカッターは?

ビットの使い方などについて説明したい

と思います。

 

DIY初心者でもわかりやすいように、

ビットの解説をしますので最後までご覧ください。

 

 

スポンサーリンク



 

 

座ぐりカッターで何ができる?

「座ぐりカッター」という名前ですが、

フォスナービットとも呼びます。

 

 

 

 

各メーカーによってこの名前が違っており、初心者

にとっては混乱してしまいます。

 

基本的にできることはほぼ同じと思って

もらって大丈夫ですが、各社それぞれ特徴

があり仕上がりも綺麗にできるなど

違いがあります。

 

それではこの座ぐりカッターはどのような

ことができるのか?

 

木材に平面(フラット)な止め穴や

貫通穴をあけることができます。

 

 

 

 

用途は「丸棒の差し込み穴」や「ボルトの頭の

埋め込み穴」として使ったりします。

アイデアや工夫次第で使い方は増やせます。

 

私は丸棒の差し込み穴で使用して、傘立てを

作ったことがあるのでこちらも参考にしていた

だけたらと思います。

 

 

座ぐりカッターの使い方

動画を見てもらうとわかりやすいと

思うので、こちらを見てください。

 

 

 

 

座ぐりカッターが回転して

木材を削っていきます。

 

少しずつ穴を掘っていくこと

ができ途中で止めると、止め

穴になります。

 

注意点:すごく回転して削るので

ビットとインパクト共に熱を持ち

ます。

ビットに関しては素手で持てない

程、熱くなるので注意してください。

 

 

もう1つ、貫通穴をあける場合は

動画のように対象の木材の下に

当て板を敷いてください。

 

そうしないと、対象の木材の裏面

が汚い仕上がりになったり、

割れる場合もあります。

 

 

皿取りで何ができる?

 

 

↑皿取りビット

 

 

「皿取り」といったり「面取りカッター」

といったり、言い方は1つではないよう

です。

 

何ができるビットなのかというと、

「バリ」を取りのぞいたり、ネジの頭

が出ないように「皿を取る」ことが

できます。

 

具体的には、ドリルであけた穴の縁を

「皿取り」で面取りすると、バリを

綺麗にすることができます。

 

 

 

そして、画像の右側のように

少し深めに削り取ることで

「皿取り」をすることもできます。

 

 

皿取りって何?と思われるかも

しれませんが、これは「皿頭」の

一番上の部分(頭の部分)を

沈める為の円錐を作ることです。

 

 

↑ネジの頭が皿のように「平」になっている

 

 

ネジの頭が表面からはみ出ていると、ケガを

する可能性がありますし、見栄えも

良くないです。

 

 

ドリルと皿取りの仕上がりの違い

それでは、次の3つのやり方で

違いを見比べてみましょう。

 

①皿取りをしてない時

(ドリルで穴あけ)

②皿取りをした時

③大きいサイズのドリル

 

 

 

 

3つの方法で穴あけをしました。

ここに皿頭の同じ長さのネジを

打ち込みます。

 

 

 

 

①のドリルで穴あけをした場合、

僅かですがネジ頭が木材からはみ

出して引っ掛かったりしてしまい

ます。

 

③の大きいドリルでの穴あけの

場合、引っ掛かりはありません。

しかし、仕上がりが綺麗とは

いえません。

 

②の皿取りの場合、引っ掛かり

もなく仕上がりも綺麗です。

 

 

私自身、最近まで知らずに

ずっと③の大きいドリルで

ネジの頭を隠してきました。

 

しかし、どうも仕上がりが悪い

なと思って何か良い方法はない

のか調べてようやく「皿取り」

の存在を知りました。

 

これは本当に綺麗になるので

オススメのビットです。

 

スポンサーリンク



 

 


DIYフリークの集い

(ウェブリング)

前へ
ド素人がはじめたDIY
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A
ランダムでサイトをひとつ紹介します。






-ビットの種類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビットの種類と使い方~プラスビットとドリルビット~

インパクトドライバーやドリルドライバーなどのビット、 これらの使用方法や用途で悩むことってあると思います。 「このビットってどんなことができるんだろう?」、 「こういう加工がしたいけど、それができるビ …

最近のコメント