普通の記事

ドリルビット購入しました☆

投稿日:2018年2月9日 更新日:

DIYを始めて最初の頃にドリル

ビットやプラス・マイナスビット

のセットを購入しましたが、

今回はより大きな穴をあけること

ができるドリルビットを購入しま

した!

 

穴あけをすることでネジの出っ張

りを防ぐこともできます。

DIYをする上で役に立ちますよ。

 

 

スポンサーリンク



 

 

購入したドリルビットの紹介

穴をあけることができるドリルビットですが、サイズがめちゃめちゃ豊富にあります。

初心者の私なんかは一体どのサイズを買えばいいのかさっぱりわからないのですが、

今回一番よく使うであろうと思われるサイズを購入しました。

 

M6,M8,M10のドリルビットのセットにしました。

M6とは「6mm」のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が購入したのは「木工用」ですが、他にも「鉄工用」と「コンクリート用」が

あります。

 

私がDIYを始めてまだ半年ぐらいですが、大きいサイズのネジを使ったことがありません。

6mmとか、せいぜい8mmまでの大きさのネジしか使ったことがないので、

それぐらいのサイズのドリルビットを買おうと思いました。

 

ドリルビットの用途

材料の木材に下穴をあけずにそのままネジを打ち込むと、木材が割れてしまうことがあります。

(下穴なしで、そのまま打ち込めるタイプのネジもあります)

 

割れないように下穴をあけるというのがドリルビットの使い方の1つです。

 

 

 

 

 

 

 

↑2か所、下穴をあけた画像

 

 

完全に穴をあけて貫通させてしまうやり方もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ボルトとナットで締結することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下穴をあけるという用途で使う方がメインだとは思いますが。

 

そして、少しだけ穴をあけてネジの頭を隠すということもできます。

 

 

 

 

 

 

 

↑わかりにくいですが、穴をあけてその中にネジを打ち込んだ画像

 

更に「ダボ」という木製の棒を使って穴を埋めてしまうこともできます。

 

 

 

← ダボ

 

 

 

 

ドリルビットの長さと先端部分について

私が購入したのはショートタイプのもので長さが短いドリルビットです。

 

それとは違いロングタイプのものもあります。

長い方が扱いやすいというのを聞いたことがありますが、好みで選んで

いいと思います。

 

ただ、穴を深く掘りたい場合はショートタイプでは困難になってくる場合が

あるので、使う用途に合わせて選んでください。

 

先端部は「ネジ状」と「三角状」があります。

私の購入したものは「ネジ状」になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネジ状だと、回転していくと先端が木材に食い込んでいくので力をあまりいれなくても

進んでいきます。

 

反対に先端が「三角状」のものは、食い込んでいかないので自分で押し当てる

必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回、ドリルビットのセットを購入し数回使用しました。

インパクトドライバーで使用したのですが、すぐにインパクト(衝撃)

を加えてしまってガンガンいっちゃいました。

 

これでは材料の方も下手するとボロボロになりかねないし、

ドリルビットの方にもダメージがあるような気がします。

 

もしかしたら、ドリルビットの使用はインパクトではなくドリルドライバー

を使用した方がいいのかもしれません。

 

今後試してみて、何かわかれば追記したいと思います。

 

 

スポンサーリンク



 

 


DIYフリークの集い

(ウェブリング)

前へ
ド素人がはじめたDIY
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A
ランダムでサイトをひとつ紹介します。






-普通の記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無料で手に入る廃材の集め方

DIYをすると材料費が結構かかってしまいますよね。 少しでも経費を抑えたい! でもちゃんとした木材が欲しい!   今回は廃材を無料でもらえる方法というか、 拾ってくる方法をご紹介します。 こ …

クランプとのこぎりとドリルビット

DIY用の工具を買いました☆ クランプとドリルビットです。のこぎりはDIYを始めよう!って決めるだいぶ前から持っていたのでここでは 簡単に紹介するだけにします。 ドリルビットは絶対に必要な工具ですね! …

DIYで汚れた壁紙をきれいにする

お子様がおられる家庭は特にだと 思いますが、壁紙って汚れちゃい ますよね?   この壁紙の汚れを簡単に落とせる 消しゴムを発見しました! その名も「壁の汚れ消しゴム」。 そのままですが、これ …

DIY始めました☆★☆

今まで全くやったことがなかったのですが、前々から興味があってやってみたいなと思っていたことがあります。 D・I・Y(Do It Yourself) 学生時代に技術の授業で工作をした以来、全く物を作るな …

最近のコメント