記事内に広告が含まれています。

購入を考える前に知っておきたいティーキャンドルのポイント

日常生活にキャンドルを取り入れている方は多いと思いますが、特にティーキャンドルはその手軽さから人気ですね。

茶香炉で使ったり、アロマポットで香りを楽しんだり、キャンドルホルダーで灯りを楽しむことができます。

また、香りを付加したアロマティックなティーキャンドルも市場に出回っています。

 

ティーキャンドルは小さくて使いやすく、価格も手ごろです。

しかし、購入前に注意すべき点もありますので、どのティーキャンドルを避けるべきかを確認することをお勧めします。

 

ティーキャンドルの基本

ティーキャンドルはティーライトやティーライトキャンドルとも呼ばれています。

一般的には、金属製またはポリカーボネート製のカップに収められ、浅く丸い形状をしています。

火をつけると中のワックスが溶けやすく設計されており、大体4時間程度の燃焼時間を持ちます。

 

ティーキャンドルの活用方法

茶香炉での使用 

茶香炉はお茶の葉を加熱し香りを楽しむ器具です。

ティーキャンドルを使うことで、自然な香りのお茶を温めて楽しむことができます。

人工的な香りが苦手な方に特におすすめです。

アロマポットでの使用 

アロマポットに水とエッセンシャルオイルを加えてティーキャンドルで温めることにより、心地よいアロマの香りを部屋中に広げることができます。

電気を使わずに済む陶器のポットにはこのキャンドルが最適です。

キャンドルホルダーでの使用 

キャンドル専用のホルダーにティーキャンドルを置くことで、お部屋の雰囲気を一層豊かにします。

食事の時やリラックスタイムに最適です。

ティーウォーマーの活用方法

ティーウォーマーは、お茶を温かい状態で保つための便利な道具です。

この器具を使うことで、ティーポット全体が均一に温められ、お茶を飲む際に温かさを楽しむことができます。

 

ティーキャンドルの選び方と使用時の注意点

ここでは、ティーキャンドルを選ぶ際のポイントと注意すべき事項について解説します。

 

燃焼時間の確認

ティーキャンドルを選ぶ際、燃焼時間は重要な要素です。

市販のキャンドルは通常約4時間持続するため、自分の使用状況に合わせて選ぶことが大切です。

キャンドルを消す際は、芯が折れたり埋もれたりすることがないように注意しましょう。

一度点火したら、なるべく最後まで使い切ることが推奨されます。

途中で消す必要がある場合は、強く吹き消すのではなく、ゆっくりと消すことが望ましいです。

 

材料の確認

ティーキャンドルには合成素材が含まれていることもあります。

不安な場合は、天然素材から作られたキャンドルを選ぶと良いでしょう。

 

アロマキャンドルの特性

アロマキャンドルは香りを楽しむためのもので、熱を加えると香りが強まりますが、ティーウォーマーやアロマポットには向いていません。

合成香料が気になる場合は、天然のエッセンシャルオイルを含むキャンドルの使用をお勧めします。

 

ソイキャンドルの利点

ソイキャンドルは、通常のパラフィンワックス製キャンドルに比べて有害物質を含まないため、アレルギーの心配がある方にも適しています。

 

キャンドルの個数の選び方

キャンドル専門店では、ティーキャンドルを複数個入りのパックで販売しています。

頻繁に使用する方には大容量のパックが経済的です。

しかし、あまり使用しない場合は、少量パックを選ぶと無駄がなくなります。

 

安全な使用のために

ティーキャンドルを使用する際は、点火前に周囲に燃えやすい物がないかを確認し、使用中や使用後は火元の管理に注意してください。

 

その他
スポンサーリンク
wood-ryouをフォローする
スポンサーリンク
ド素人がはじめたDIY

コメント

error: このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました