ビットの種類

ビットの種類と使い方~プラスビットとドリルビット~

投稿日:2018年7月14日 更新日:

インパクトドライバーやドリルドライバーなどのビット、

これらの使用方法や用途で悩むことってあると思います。

「このビットってどんなことができるんだろう?」、

「こういう加工がしたいけど、それができるビットは

あるのかな?」などなど。

DIYをする上でビットの種類を知るっていうのは大切なこと

なので記事にしました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

使用頻度の高いプラスビット

 

 

ビットの種類ってたくさんあってよくわからない!

貫通穴とあけたいけど、どんなビットを購入すればいいか

わからない!

やりたい加工があるけど、どのビットを使えばできるのか

わからない!

 

など、DIY初心者の頃は特にわからないことだらけで嫌に

なったりするものです。

実際、私自身そうでした。

 

私が所有しているビットしかご紹介できませんが、

新しいビットを購入したら追記していきますので、

時々、こちらのサイトに訪れていただければと思います。

 

まずは、プラスビットから。

 

プラスビットの種類

プラスビットに種類があるのをご存知でしたか?

 

No.1(1番)、No.2(2番)、No.3(3番)とあります。

他にも種類がありますが、この3種類あれば問題ないです。

 

それぞれ何が違うかというと、ビットの先端の形状が違います。

そして、刃が4つありますがその厚みも違います。

 

 

↑一番左(3番)、真ん中(2番)、一番右(1番)

 

 

 

ネジ・ビスに合った形状のビットを使用しないと、滑って

ネジ山が潰れる原因になるのでネジ・ビスに合ったものを

使うようにしましょう。

 

用途としましては、1番のビットが小さいビスを締める用、

その逆が3番のビットで、2番は中間ですね。

 

 

ドリルビット

始めにドリルビットとはどういったものか?というと、

穴をあけるビットのことです。

 

穴をあけるといっても様々な用途があります。

木工で例えると、下穴をあけて木が割れないようにし、

ビスを打ち込む。

 

 

↑下穴をあけてからビスを打ち込む

 

 

穴をあけて貫通させボルトを差し込み、

ナットで締めて固定する。

 

 

↑穴を貫通させ、そこにボルトを挿し込みナットで固定

 

 

ビスの頭を隠す為に、少しだけ穴をあけるなど。

 

 

↑少しだけ穴をあけてビスの頭を隠す

 

 

 

ドリルビットの先端の形状

ドリルビットの特長的な先端の形状は2種類あります。

 

 

↑ドリルになっている先端

 

 

 

↑尖っている先端(三角状)

 

 

 

↑よくセットで売られていたり、細いドリルは

こういうタイプが多いです

 

 

先端がドリル状になっているビットの特徴

先端がドリルの形状をしたビットは部材に食い込んで

いきます。

 

その為、一度食い込むと穴あけの位置がズレること

がなく、しかも力を入れなくてもスムーズに穴あけ

ができます。

 

 

 

反面、部材に食い込みながら掘るので強い負荷が

かかります。

薄い板や、柔らかい部材だと穴の周辺に

ヒビ割れが起こり板が割れてしまうことも

あります。

 

 

先端が尖っている(三角状)ビットの特徴

こちらは部材に食い込まないので、なかなか穴が掘

れません。押しつけないと穴があけれないです。

 

しかし、部材にかかる負荷は少ないので薄い板、

柔らかい板の穴あけに適しているといえます。

 

 

素材に合ったものを使う

ドリルビットには「木工用」「金属用」

「コンクリート用」などの種類があります。

 

木工用は、木材に使用すると綺麗な穴が

あけられます。

プラスチックも綺麗な穴あけができます。

 

金属用は更に「ステンレス用」など

あります。

金属といっても素材の強度がそれぞれ

違うので、使い分けてください。

 

ちなみに、「金属用」を使用して木材

に穴をあけることはできます。

ただ仕上がりは汚くなります。

 

 

コンクリート用はインパクトやドリル

ドライバーではなく、振動タイプの

ドリルにつけて使用します。

 

 

スポンサーリンク



 

 


DIYフリークの集い

(ウェブリング)

前へ
ド素人がはじめたDIY
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A
ランダムでサイトをひとつ紹介します。






-ビットの種類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビットの種類を知ろう!皿取りと座ぐりカッターの使い方

ビットの種類の第2弾! 今回はDIYでよく使う加工、面取りと穴あけ! 「皿取り」と「座ぐりカッター」についてです。 皿取りでどういったことができるのか? 座ぐりカッターは? ビットの使い方などについて …

最近のコメント