基礎的な知識について

木目や節、木のことについて

投稿日:2018年4月15日 更新日:

木を使ってDIYをするように

なって、木の知識がないと

上手く作ることができない

といったことがあります。

 

「木目」「節」「反り」など

知っていたら必ずDIYをする

上で役に立つことなので参考

にしていただけると幸いです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

木目とは

木目(もくめ)とは、年輪・繊維などから成る模様のような線。

柾目(まさめ)板目(いため)とがあります。

 

 

木(丸太)をカットした時に、中央近くを切ると「柾目」に。

外に近いあたりを切ると、「板目」になります。

 

 

柾目(まさめ)とは

平行に均等に通った木目のことです。

 

製材の際、丸太の中心を通してノコギリを入れることで現れます。

材の持つ特徴としては、製材後の反りが少なく丈夫。

 

 

板目(いため)とは

丸太の半径を通らずに製材したときに現れる木目です。

 

たけのこ型や山型のような波打った形状です。

その見た目が面白く装飾的にも使われますが、反りなどの狂いが起こりやすいため、

木取りの際に大きく曲がってしまいます。

 

 

 

 

↑柾目(左側)、板目(右側)

 

 

「節」は枝(えだ)だったところです。

 

節は木材の幹が太くなる過程の中で、

枝の元の部分が幹の中に包みこまれてできたものです。

木材の中でも節の部分だけ色が黒く濃くて、

昔は節がある木材は不良として、見える部分には

使われてなかったそうです。

 

 

 節の特徴

節の部分の組織は密度が高く硬いので、加工がしにくい。

また節やその周辺部分は樹脂分が多いため、

木材の樹液のヤニなどが出やすい。

 

 

★私自身の経験談

節のある部分をなるべく避けてDIYしてますが、

それでもどうしても節の部分を避けられない時があります。

 

ネジを打っても途中で止まって、それ以上進まなくなったりします。

 

ノコギリでカットしている時に「全然切れないな~」と思ってたら、

節の部分を切っていたりします。

 

反り

木は乾燥すると縮み、水分を含むと膨張します。

板材には表と裏があります。

 

木だった頃に皮側(年輪の外側)にあったほうが表、

中心部の芯側(年輪の内側)にあったほうが裏です。

(下図参考)

 

  木表               木表側に反りやすい

木裏                   木裏

 

 

板材の多くは木表側(年輪の外側)に反っています。

木表の方が木裏よりも、元から水分が多いので乾燥して収縮する力が

強くなるためです。

 

乾燥がしっかりしていると「反り」も軽減します。

 

「反り」の直し方と対策方法

「反り」はある程度なら直すことができます。

次の方法を参考にしていただければと思います。

 

反っている面に水をつけ、反っている面を下向きにします。

反っている面と反対側を日光に当てて乾燥させます。

 

これで直れば、早いうちに施工します。

 

あと、クランプなどで一定期間、固定してしまうのも方法の1つです。

 

 

「反り」防止の方法

「反り」をできるだけ少なくする方法として「塗装」「補強」です。

 

反りは水分の吸収や乾燥によって起きます。

なので、塗装によってそれを防げば一定の効果が得られます。

 

板材の裏に補強をすることも有効です。

 

これらをすることによって、反りを防止することができるので

試してみてください。

 

 

スポンサーリンク



 

 


DIYフリークの集い

(ウェブリング)

前へ
ド素人がはじめたDIY
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A
ランダムでサイトをひとつ紹介します。






-基礎的な知識について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1×4材、2×4材とは?

DIYをしていたら、「1×材」とか「2×材」って言葉を聞いたり見たりすることがあると思います。 私は初め聞いた時は、「何それ??」って感じで別に興味もなかったのですがDIYを続けていく間に 何度もお目 …

半ネジ、全ネジについて

DIYをするようになって初めて気づく ことが多いのですが、ネジに半ネジと 全ネジがあるっていうのご存知でしょ うか?   今回はネジについて勉強したので、 参考にしていただければと思います。 …

DIYで役に立つドライバードリルのトルクについて

DIYをやり始めた頃、ドライバードリルのトルクの意味が わかりませんでした。 どうせDIYをするならトルクとは何かを理解して作業 したいものです。 今回は私も最初わからなかったことを、これからDIYを …

プロフィール

どうも!はじめまして!

5才の子供と毎日、悪戦苦闘を繰り広げてるアラフォーのパパをやっております。

人と接するのが苦手な私は、自分の子供とも上手く向き合えていません。

そんな私が約2年ほど前に初めてDIYに目覚め、不器用ながら子供の喜ぶ作品を作り、子供とコミュニケーションを取ろうと奮闘してます。

最近のコメント