記事内に広告が含まれています。

春の訪れと共に聞こえるウグイスの鳴き声。上達が難しく下手に鳴く理由と練習タイミングについて

春が近づくと、近隣で聞こえるウグイスの特徴的な「ホーホケキョ」という声が風物詩です。

しかし、全てのウグイスがこの美しい鳴き声を完璧に発するわけではありません。

なぜウグイスの中には鳴き声が下手な個体が存在するのか、その鳴く時期や声の種類について解説します。

 

鳴き声の美しさが異なるウグイスの背後にある理由

ウグイス

一般的にウグイスの鳴き声は耳に心地よいものですが、時には「ホッケホケ」や「ホーホケ」といった不完全な鳴き声を発する個体もいます。

ウグイスは生まれながらにして完璧に鳴くわけではなく、日常の練習を重ねて美しい鳴き声を身につけます。

春の日の長さが増すと、雄のウグイスは鳴き声を美しくするための体内変化を経験し、結果として鮮やかな鳴き声が可能になります。

鳴き声はオスにとって繁殖における重要な役割を担っているため、若いオスは練習に励み、繁殖期に備えます。

 

ウグイスの鳴き声練習法

ウグイス鳴き声の練習

ウグイスは生後すぐには成鳥と同じ鳴き声を発することができません。

親鳥の声を模倣しながら幼鳥期から練習を続け、やがてはその美しい鳴き声をマスターします。

 

初期の練習段階では、一般的なウグイスの声とは異なる声が聞かれることもありますが、練習を重ねることで繁殖期には見事な鳴き声を披露できるようになると言われています。

また、人間に音痴が存在するように、ウグイスにも鳴き声が得意でない個体がいます。

環境や遺伝的要因も影響しているとされています。

 

季節によるウグイスの鳴き声の変化

ウグイスは「さえずり」と「地鳴き」という二つの異なる鳴き声を持ちます。

季節の変わり目によって鳴き声も変化するため、観察が興味深いものとなります。

 

春にはオスのウグイスが「ホーホケキョ」と鳴き、繁殖期のメスを引き寄せます。

この時期、オスは日に何度も鳴き声を繰り返します。

 

夏になってもウグイスの鳴き声は耳にすることができ、気温との関連が指摘されています。

涼しい地域では夏でも美しい鳴き声が聞けます。

 

秋には日の短さが影響し、ウグイスの鳴き声は「チャッチャ」と変化しますが、暑い地域では「ホーホケキョ」を聞くこともあります。

 

冬にはウグイスは春ほど頻繁には鳴かず、寒冷地では暖かい地域へ移動することもあります。

冬でも活発に活動し、食事を求めて動きます。

 

ウグイスと似た鳴き声の鳥

メボソムシクイ

「ホーホケキョ」という独特の鳴き声を持つウグイスに類似した鳴き声の鳥は他にはいませんが、見た目が似ている鳥としてムシクイがいます。

ムシクイはウグイスより小さく、虫を食べる生活を送っています。

ウグイスのさえずりが聴かれる季節

ウグイスは春の訪れを告げる鳥として知られており、気温が上昇するにつれてその特徴的な「ホーホケキョ」という声が聞かれ始めます。

この鳴き声は地方によって時期が異なり、最初に沖縄や九州で2月頃に聞こえ、続いて3月には西日本や東日本で広がります。

北日本では4月から5月にかけて聞かれるようになります。

 

この鳴き声は夏の終わり、8月下旬まで続き、その後は他の鳴き方に移行します。

ウグイスは年間を通して何らかの形で鳴き続けているのです。

 

性別によるウグイスの鳴き声の違い

ウグイスは適応力が高く、住宅街から山岳地帯の亜高山帯まで様々な場所に生息します。

繁殖期は特に林や竹藪が密集する地域で見られ、竹さえあれば木がなくても住むことが可能です。

これらの場所で活発に動き回り、食事をします。

 

巣作りは低木や竹の上に枯葉を使用し、球状の巣を作ります。

メスは一度に4~6個の卵を産み、約14~16日間で孵化させます。

孵化後、約2週間で巣立ちます。

場合によってはホトトギスに寄生されることもあります。

冬には、市街地の生垣で見られ、そこで木の実を食べて過ごします。

 

オス

オスウグイスのその美しい声は、春から夏にかけて繁殖期にメスを引き付けるために響かせます。

また、縄張り争いでは低めの声を用います。秋には鳴き声が地鳴きに変わります。

 

メス

一方、メスウグイスは通常「チャッチャ」という地鳴きを年間通して行います。

彼女たちはオスのような華やかなさえずりをしません。

 

ウグイスの鳴き声の変化とその意味

威嚇

ウグイスが威嚇する際は、「ケキョケキョケキョ」と鳴きます。

これは春に特に聞かれる鳴き声で、縄張りを守り、外敵を追い払うために使われます。

オスは直接的に子育てには関与しませんが、この方法で間接的に家族を守っています。

 

メジロとの混同

メジロは梅の木によく止まるため、しばしばウグイスと間違えられます。

梅にウグイスという言葉があることからもその混同は生じやすいですが、メジロは目の周りが白く、ウグイスとは全く異なる外見をしています。

メジロは花の蜜や果汁を好む鳥で、その鳴き声は「チュンチュン」とスズメに似ています。

ウグイスとはまったく異なる種です。

 

日本三大鳴鳥

日本の三大鳴鳥にはウグイス、オオルリ、コマドリが含まれます。

これらの鳥はその美しい鳴き声で知られ、特にウグイスは昔から親しまれています。

江戸時代にはウグイスの飼育が盛んで、その鳴き声の美しさを競う文化もありました。

 

鳴き声の上達には練習が必要

ウグイスは生まれながらにして上手に鳴くわけではありません。

オスは幼い頃から練習を重ね、繁殖活動に適した時期になるまでに鳴き声を磨きます。

年間を通して鳴き声を聞くことができるため、春だけでなく、他の季節にも耳を傾けてみると良いでしょう。

その他
スポンサーリンク
wood-ryouをフォローする
スポンサーリンク
ド素人がはじめたDIY

コメント

error: このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました