ちょっと一息コーヒーブレイク

珈琲豆を鍋で自宅焙煎するやり方とコツ

投稿日:2018年7月26日 更新日:

簡単に自宅でコーヒー豆を焙煎するやり方と

コツについてご紹介したいと思います。

 

おいしいコーヒー豆に焙煎するには、

ちょっとした知識・コツを知っている

だけで変わってきます。

どうせ焙煎するなら、おいしくした方が

いいので参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク



 

 

鍋でコーヒー豆を焙煎する為のコツ

前回の記事で鍋を使ったら自宅で簡単に

コーヒー豆を焙煎できるというのをご紹介

しました。

 

 

 

せっかく焙煎するならおいしいコーヒー豆

にしたいですよね?

 

ということで、ちょっとしたコツをご紹介

いたしますので、参考にしてください。

これを実践すれば、下手な喫茶店よりも

おいしいコーヒーが飲めますよ!

(こんなことを書くとお叱りを受けそうですが)

 

 

焙煎する生豆の量を毎回同じにする

私がオススメする生豆の量は100gですが、

皆さんそれぞれ飲む量が違いますので150g

でも200gでもかまいせん。

 

ここまでは前回の記事でも説明したのですが、

自宅で焙煎を続けるなら毎回同じ量を焙煎

した方がいいです。

 

 

 

 

 

私は最初、毎回違う量を焙煎していました。

「今回は多めに飲みたいから」とか、

「一度に多めに焙煎して溜めておきたいから」

などの理由で・・・。

 

しかし、量を変えると焙煎する時間が変わり

ます。時間が変わると、おいしく焙煎する

タイミングがわかりにくくなってしまい

ます。

 

「時間が変わると何がダメなの?」と

思われるかもしれません。

 

それでは、焙煎と時間の関係に

ついて説明いたします。

 

 

焙煎する時間について

生豆を焙煎していく時に重要な要素が

あります。

「時間」「火力」です。

 

自宅で手軽に焙煎するだけという方でも

これを知って焙煎する方がよりおいしく

なります。

 

生豆に熱を加えることで、生豆の水分が

蒸発してどんどん膨張していきます。

 

膨張していく過程で「ハゼ」という現象が

おこります。

パチパチという音と共に、豆が飛び跳ね

たりします。

 

そして、焦げて茶色くなっていくのですが、

この最中に生豆はどんどん化学変化して

成分が変わっていきます。

 

この成分が変わっていく過程を急激に

変えていったり、逆にゆっくりすぎたり

すると嫌な苦みが出たり、えぐみが出たり。

あまりおいしいコーヒーの要素がでない

のです。

 

焙煎時間と火力

難しい話になってしまうと、つまら

ないので簡潔に説明します。

 

コーヒーにとっておいしい成分を出す

焙煎のやり方というのが、急激すぎず

且つ遅すぎない温度上昇(火力)で

焙煎するということが重要です。

 

火力が強すぎると、生豆の中身(芯)まで

ちゃんと火が通らず生豆の外側(人間の

目で見える側)だけが焼けて茶色くなって

しまいます。

 

反対に、火力が弱すぎると温度が上昇せず

ハゼが起こらない、しっかりと茶褐色に

ならないなどの現象がおこります。

 

一定の温度上昇で鍋の中の温度が200℃

を超えるようにもっていくと良い焙煎が

できます。

 

 

焙煎時間の目安

とはいえ、200℃以上を測れる温度計

を持っておられる方は少ないと思います。

 

自宅で焙煎を楽しむのに、そこまで

用意する必要もないかなと思います。

 

なので、おいしくコーヒーを飲める

焙煎の目安時間を教えます。

 

生豆100gの場合だけなのですが、

生豆を鍋に入れてからストップウォッチ

でも何でもいいので時間を計ります。

 

 

・約3分前後 → 生豆の水分が蒸発して鍋の

蓋に水分が付着する。

 

 

・約5分前後 → 生豆が黄色っぽい色から

薄く茶色になり「1ハゼ」がおこりはじめる。

 

 

・約7~9分前後 → 豆が茶色からこげ茶色

になり「2ハゼ」がおこる。

 

 

だいたいですが、この時間を目安にして

焙煎をするとおいしいコーヒーになります。

 

 

もし、5分よりも前に「1ハゼ」が起きたら

「あ!早く1ハゼがきてしまったから火力を弱め

よう!」

逆に7分経過したのに、まだ1ハゼが起こらない

時は、「この時間でまだ1ハゼがないということ

は火力が弱いから強くしよう!」

 

といった具合に調整しながら焙煎を進めると

いいと思います。

 

 

※例外で1ハゼがおこらない(おこりにくい)

生豆もあります。

 

もし、対面で生豆を購入できるのなら焙煎

しやすい生豆をお店の人に聞いて、焙煎に

慣れるまではその生豆で練習するのがいいと

思います。

 

 

焙煎したコーヒー豆を冷やす

焙煎の時間について、2ハゼの時間の目安

まで書きましたが、皆さんのお好みの焙煎

度合まできたらやめてくださいね。

 

例えば、もっと酸味のある浅い茶色の焙煎が

好みだ!という方は2ハゼがおきる前に鍋から

豆を出してください。

 

反対に深煎りのアイスコーヒーにしたい!

とか、苦味があって濃いコーヒーが好きだ!

という方は2ハゼがおきた後、更に焙煎を進めて

ください。(あんまりやりすぎるとただの焦げ

焦げになってしまいますが)

 

自分の好みのところで焙煎をやめるように

してください。

 

 

そして、焙煎が終わってからなのですが、

コーヒー豆は非常に熱をもっています。

 

素手ですぐには触れないので要注意です!!

 

鍋も同様に危険な温度になっているので、

取扱いには十分注意してください。

 

私は水道を出しっぱなしにした状態にして

すぐに鍋の蓋を冷やします。

 

その間に、豆をザルに入れて冷却器に入れて

冷まします。(鍋から出した後も余熱で焙煎が

進みます)

 

 

 

冷却器で冷ましている間に、鍋を水で冷や

します。

 

 

コーヒー豆を冷ますというのは、重要

なことです。

私は初めの頃、面倒くさいという理由で

自然に冷めるまで放置していました。

 

けれども、いつも求めている味と違った

味になってしまっていました。

 

焙煎を終えた直後の豆の煎り具合と、

自然に冷めるまで待った豆の煎り具合

では違っていたのです。

 

見た目ではわからないぐらいの時も

ありますが、確実に余熱で焙煎は進む

ので冷却することを心掛けてください。

 

うちわで仰ぐとか、扇風機・ドライヤー

を使うなど方法はなんでもかまいません。

(チャフ(薄皮)が飛び散る可能性が

あるので場所は考えて冷ましましょう)

 

 

最後に

焙煎する時のちょっとしたコツについて

説明してきましたが、「実際の鍋を使った

焙煎ってどうやってやるの?」とまだまだ

わからない部分が多いと思うので、次の

記事で動画と共に説明してみたいと思います。

 

実際に焙煎しているところを目で見るのが

一番わかりやすいし、勉強になると思うので

是非とも次の記事もご覧になってください。

 

 

スポンサーリンク



 

 


DIYフリークの集い

(ウェブリング)

前へ
ド素人がはじめたDIY
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A
ランダムでサイトをひとつ紹介します。






-ちょっと一息コーヒーブレイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生豆のコーヒー豆を自宅で簡単焙煎

コーヒー好きでもあり少し知識がある私が、 自宅でできる簡単焙煎についての記事です。   コーヒー好きなら焙煎したてのおいしい コーヒーを自宅で飲みたい!と思った ことがあるのではないでしょう …

コーヒー生豆「マンデリン・アチェ・ガルーダ」を焙煎

新しいコーヒー生豆を入手したので さっそく自家焙煎してみた。   深煎りがおいしく飲めると聞いた ので、数あるコーヒー生豆の 中から選んで購入しました。   焙煎をした感想と味につ …

自宅で中深煎りに手鍋焙煎 ~ガテマラ アティトラン~

自宅で手鍋焙煎シリーズ。 今度は「ガテマラ アティトラン」 という生豆を購入しました。   この生豆を中深煎りに焙煎して みたいと思います。 生豆を焙煎した感想と、コーヒー の味についてレビ …

実践!コーヒー生豆を手鍋で焙煎するやり方

前回、コーヒー豆を焙煎するコツを 説明しました。 今回は実際に鍋で焙煎するところを 動画を見てもらいながら具体的に 説明しようと思います。 誰でも簡単においしいコーヒーが 焙煎できますので、参考にして …

自宅でコーヒー豆を挽いておいしく飲む方法

自宅で簡単にできる焙煎のやり方を 説明してきました。   次は、自宅でおいしいコーヒーを飲む やり方をご紹介します。 コーヒーを自宅で簡単に!という ところに主眼をおいて説明します。 &nb …

最近のコメント