DIY子供用の作品 簡単エレベーター

子供のオモチャを創作!簡単エレベーターをDIY

投稿日:2018年8月2日 更新日:

子供のオモチャでエレベーターをDIYします。丸棒をグルグル回してひねっていくとエレベーターが動くという簡単な物ですが、最近の子供は昔と違って蛇口をひねるという動作をしない為、手首をひねる筋力が弱いというのを聞いてこのオモチャをDIYしました。

子供のひねる動作の訓練になり、DIYをすることで自分も楽しめるし子供も楽しんで遊んでくれるので是非とも真似してみてください。

 

スポンサーリンク



 

オモチャを作る目的

DIYをしていて何が一番嬉しいかというと人の為に何かを作って、その作品を喜んでくれた時が一番嬉しいものです。子供の為に何か遊べる物を作ると、喜んでくれるのでやり甲斐がすごくあります。そして、遊びの中で子供にとっても良いことがあります。自然に筋力をつけることができるという点です。

現代は以前と違い、便利になっている物が多いです。和式のトイレが洋式に代わり、便利になったけど「うんこ座り」ができない子供が多いです。そして、水道の蛇口。昔はくるくると回していたのが、現代では自動で出るものであったり、レバーを上下にするだけで出るものが主流になっています。

その為、蛇口をひねる動作をしなくなった子供達は「ひねる」という経験をしないまま育っていってしまいます。ドアや扉のノブもそうです。ひねる動作を取り入れたオモチャを作って、遊びの中で経験してほしいという思いで今回のエレベーターを作ることにしました。

 

用意する材料

・エレベーター用の木

・丸棒

・インパクトドライバー

・穴あけ用のビット(座ぐりビット)

・紐

・ひーとん(ネジ)

・やすり

 

エレベーター用の木

100均で「ひのき」の板を4枚購入しました。

 

 

当初は四角の形にする予定でしたが作っている最中、「コの字型」にする方がエレベーターが見やすいなと思い、3枚だけの使用に変えました。

 

丸棒

以前、傘立てを作ったのですが、その時の余りの丸棒を使用します。サイズは24mm。

 

 

子供が持つには少し大きいかもしれませんが、この丸棒をひねってエレベーターが上下するようにします。

 

インパクトと座ぐりビット

丸棒を挿し込める穴をあける為に使用します。

 

 

 

紐と「ひーとん」

ひーとんでネジの名前が合ってるのかわかりませんが、こんな形のネジです。

 

 

これを丸棒とエレベーターに取り付けて紐で結んでつなぎます。

 

やすり

細かい部分をやすりたかったので、100均でこのようなやすりを購入しました。

 

 

600番の細目のやすりです。丸の穴をあけた時に、重宝するやすりです。

 

作り方

当初、四角の箱の中にエレベーターを入れてあっちこっちに穴をあけて中の様子を見れるようなエレベーターにしようと考えていました。しかし、四角をやめてコの字型にした方がシンプルで見やすいかなと思い、急遽作り方を変更しました。

画像に変な位置に穴があいてたりしますが、そこは気にしないで見ていただけたらと思います。

 

穴あけ

まずは丸棒を挿し込む穴をあけます。インパクトドライバーと24mmの座ぐりビットであけていきます。

 

 

 

↑穴あけの途中

 

穴が貫通したらOKです。1枚貫通できたら、もう一枚同じ位置に穴をあけます。

 

 

エレベーター

次にエレベーターを作ります。3枚の穴をあけた板をネジを打ち込みつなぎあわせます。

 

 

もともと4枚の板で四角にして囲むつもりだったのですが、3枚にしました。なので、板のつなぎ方が少し互い違いにしています。

 

 

言葉では説明しにくいのですが、互い違いにして四角にしようと思っていたので、このような形にしました。穴をあける位置もズラしているので丸棒がちゃんとまっすぐに、ハマるようにしています。

 

 

次は乗る方のエレベーターです。これは余った板を使って作りました。これもネジでとめます。そして、「ひーとん」のネジを挿し込みます。下穴を少しあけて、手でぐるぐる回して挿し込みます。

 

 

↑完成イメージのエレベーターです

 

丸棒を挿し込む穴をやする

座ぐりビットで穴をあけて丸棒を挿し込んでみたら・・・きつい。ぴったりサイズなので大人の力でも丸棒を回すのはちょっと大変。というわけで、穴をやすりで削って丸棒が簡単に回るぐらいまでにしてみようと思います。100均で買ったやすりで磨くと細目なのでつるつるになりました。

 

でも、細目なので削るというのが目的の場合は少し大変ですがなんとか丸棒がまわるようになりました。

 

仕上げ

最後の仕上げですが、実際に丸棒を挿し込んでみてわかったのが、丸棒が左右に動いてしまうということ。それを避ける為にも、丸棒にも「ひーとん」をつけて左右に動かないようにしてみました。

 

 

画像で少しわかりにくいですが、「ひーとん」を取り付けています。あとは紐でつないだら完成です。

 

 

↑こんな感じ

 

 

↑上から見た画像

 

丸棒をぐるぐる回すと紐が巻きついてエレベーターが上がっていき、逆に回すと降りていくというシンプルで簡単な作りです。少し味気ない感があるので、木材に色を塗ってもいいかなと思ってます。

 

スポンサーリンク







-DIY子供用の作品, 簡単エレベーター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供のおもちゃ用カメラ2

少し前に子供のカメラをDIY したのですが、端材がまだ残っ ているので少し難易度を上げた カメラをDIYしてみようと 思います。   今回のカメラは子供が遊んで くれるに越したことはない で …

初心者でも出来る!!怪獣ガンQをLaqで作るには!?

ウルトラマンに出てくる怪獣をLaqで作るのって難しいですよね?画像を見てもわからない部分があって作れない!なんてことがあるかと思います。今回「ガンQ」という聞きなれない怪獣ですが、初心者の方でもLaq …

仮面ライダーV3

昭和ライダーをラキューで!仮面ライダーV3の作り方を解説!

ラキューでキャラクターを作ろうシリーズ!今回は昭和ライダーの「仮面ライダーV3」の作り方を紹介します。作り方の説明書なしでは意外と難しいラキューですが、この記事を読めばラキューを始めたばかりの方でも作 …

仮面ライダー新1号

ラキューで仮面ライダー新1号の作り方を解説!

令和になった現在でも、初代ライダーの仮面ライダー新1号は子供に人気があります。そこでラキューでキャラクターを作ろうシリーズ、今回は「仮面ライダー新1号」です!この記事を読めば、仮面ライダー新1号をラキ …

これで出来る!ウルトラマンゼロをLaqで作るやり方を紹介!

Laqを使ってキャラクターの作り方シリーズ。今回は「ウルトラマンゼロ」の作り方です。     割と簡単に作れると思うので、是非とも挑戦してウルトラマンゼロを作ってみてください。また …

プロフィール

どうも!はじめまして!

5才の子供と毎日、悪戦苦闘を繰り広げてるアラフォーのパパをやっております。

人と接するのが苦手な私は、自分の子供とも上手く向き合えていません。

そんな私が約2年ほど前に初めてDIYに目覚め、不器用ながら子供の喜ぶ作品を作り、子供とコミュニケーションを取ろうと奮闘してます。

最近のコメント