作品紹介

自作!丸ノコ定規 DIYでとても使えるガイド作り

投稿日:2018年6月28日 更新日:

何回丸ノコを使っても真っ直ぐに切ることができませんでした。

どうしても真っ直ぐに切りたい!!と強く思うようになって

丸ノコ定規をDIYしてみたら上手くいくのでは?

と思い、定規を自作してみることに。

真っ直ぐに切れるようになったのか、丸ノコ定規の作り方

と共に記事にしてみました。

 

 




 

 

初心者によくある真っ直ぐに切れない悩み

丸ノコを使うと、真っ直ぐに切れない!ということがあります。

 

私自身、差し金・ベニヤ板をガイドにして丸ノコを使用しますが、

切っている途中で差し金やベニヤ板がズレてしまうんです。

 

市販の丸ノコ定規を買うにも値段が高いし、

なんといっても丸ノコの使用頻度が高いわけでは

ないのです。

 

丸ノコ定規をDIYで自作しても、置き場所が

ないからとずっと作ってこなかったのですが、

やはり真っ直ぐに切ることができないのは致命的

なので、作ることにしました。

 

 

準備するもの

・ベニヤ板

・丸ノコ

・クランプ

・木工ボンド

 

 

ベニヤ板

縦600mm × 横450mm × 厚み5.5mm

 

このサイズのベニヤをホームセンターで420円で

購入。

 

 

 

真っ直ぐにしないと丸ノコ定規の意味がないので、

ホームセンターで横150mmの位置で縦に

サイズカットしてもらいました。

 

 

 

 

2枚の板を貼りあわせる

サイズカットしたベニヤ板を木工ボンドを塗って

クランプで挟み込み、半日放置します。

 

貼り合わせの際、気を付けるべきとこは

2枚の板の直角をビタッと合わせること

 

そうしないと、真っ直ぐにならないので、

ここは慎重に作業します。

 

 

 

↑貼り合わせた画像撮るのを忘れてましたが、こんな感じ。

 

 

板を丸ノコでカットする

次は、丸ノコを使って板をカットします。

 

 

 

こうすることで、「丸ノコの刃の位置」が明確になるので

とても便利です。(後ほど詳しく説明します)

 

 

↑カットして出来上がりの画像

 

本当に簡単な物ですが、これで完成です。

あと、持ちやすいように取っ手を付けても

いいかもしれませんね。

 

作り方は以上です。

ここからはちょっとしたコツというか、

ポイントを説明します。

 

 

3つのポイント

丸ノコ定規を自作するのに3つ重要なポイントがあります。

 

・必ず板を直角にして真っ直ぐに貼り合わせる

・薄すぎず、また厚みがありすぎない板を使う

・2枚の板を貼り合わせる

 

この3つが重要です。

 

順に説明していきます。

 

 

1つ目のポイント

「直角に」という言葉をよく使っておりますが、

四角形の全ての角度が直角(90度)なら、

その四角形は真っ直ぐな直線の四角形になります。

 

 

 

上の画像の白丸のところ、この四隅が全て直角だと

真っ直ぐな板になります。

当然ですが、真っ直ぐでないと直線に切れなくなるので

丸ノコ定規の役目を果たせなくなります。

 

 

2つ目のポイント

薄すぎ・厚過ぎる板を使わないということですが、

下の画像を見てください。

 

 

 

 

赤丸のところですが、丸ノコの構造上

モーターがこの位置にきます。

なので、厚みのある材料だとモーターと干渉して

しまうのです。

 

 

私自身の失敗談ですが、差し金や1枚の直角のベニヤ板を

使って丸ノコを使用すると必ず、左手がこのモーターに

当たるので途中で丸ノコを止めて、左手を動かして・・・

ってやってました。

 

そうすると左手を動かす時に差し金やベニヤも微妙に

動いて真っ直ぐに切れなくなってました。

ほぼ、毎回失敗してました(どんくさいです)

 

なので、あまり厚みのある板を使うとモーターに干渉

しちゃうというのが1つ。

 

それと、ベニヤの上に丸ノコを沿わせるので、ベニヤ

の厚み分だけ丸ノコの深切りができなくなってしまいます。

 

 

薄すぎる板を使うと、木が反りやすくなるのでこれも

あまりお薦めはしません。

 

 

3つ目のポイント

なぜ、2枚の板を貼り合わせるの?と思った方も

おられると思いますが、これには理由があります。

 

 

 

上の画像は、2枚ベニヤを重ねて丸ノコでカットした画像

なのですが、こうすると丸ノコの「刃の位置」がわかる

のです。

 

丸ノコの構造上、どうしても「刃の位置」が目視できない

ので自分の思っているところと、実際に切れている位置が

違う場合があるのです。

 

 

私の丸ノコを例にすると、

 

 

 

 

上の画像の丸の部分をご覧ください。

 

私の丸ノコの「刃のガイド」のところと、実際に丸ノコで

切った位置が違うのがわかりますでしょうか?

 

ガイドよりも実際に切れているのは左になっています。

 

 

まとめ

このように、ベニヤを2枚重ねて丸ノコでカットする

ことで刃の位置がわかるので、丸ノコ定規をそのまま

「切りたい対象物」に沿わせだけでよくなります。

 

あとは、丸ノコを定規に沿わせていくだけで綺麗に

切れて作業性もアップします。

 

小さい物ではないので保管場所がない方にとっては

邪魔になるかもしれませんが、確実に作業性はアップ

しますよ。

 

 

スポンサーリンク



 

 


DIYフリークの集い

(ウェブリング)

前へ
ド素人がはじめたDIY
次へ
ランダムに飛ぶ
リンク一覧
参加を希望する
Q&A
ランダムでサイトをひとつ紹介します。






-作品紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DIYでスロープを作りました☆

私の勤めてる会社の事務所から ドアを開けてすぐのところに段差 (高さ約10㎝ほど)があります。   この段差を解消すべく、DIYで スロープを作ることにしました。 廃材を利用してのスロープ作 …

寸切り置き用の台をDIYしてみました

仕事で寸切りという物をトラックに 積む時があるのですが、これを置く 台があると便利だなと思ったのでDIY して作ってみました。   簡単な物ではありますがDIYのレベル アップの為にもいろい …

漆喰塗り用のコテ板

以前、漆喰を塗ってみよう! という話があってからコテ板 だけは自分で作ってみようと 思っていたので作りました。   素材もベニヤ板をご近所さん からもらったので、それを 使わせてもらい材料費 …

木工を使用して傘立てをDIY

我が家には傘立てがないので、自分でDIYして作ってみることにしました。 木工でのDIYだと傘についた雨の雫で木工が腐ってしまうのではないかと 作るのを迷っていましたが、木にニスや色を塗ることで腐食しに …

作業台 ~馬の作成その1~

DIYをするには作業台が絶対的に必要です。 私の家に大きな作業台を置くスペースは ありません。 そこでネットで調べていたら「カミヤさん」 という方のブログに出会いました。 そちらに今回の「馬」の作り方 …

最近のコメント