その他

南裏健康(みなみうら たけやす)さんが遭難!地上6000mで宙吊りになった事故とは?

投稿日:

断崖絶壁の岩山

 

南裏健康さんの九死に一生を得た事故がありました。6000mの岩山でパラグライダーが引っ掛かり宙吊りに!そのままの状態で1週間を乗り切り救助されました。

その南裏健康さんについてどのような人物なのか調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

南裏健康とはどのような方なのか?

クライミングしている人

 

 

プロフィール

名前: 南裏 健康(みなみうら たけやす)

生年月日: 1957年

出身地: 奈良県

 

南裏健康さんのお名前は珍しい名前ですね。最初何て読むのかな?と思いました。

 

日本山岳ガイド協会に所属してます。

そして、静岡で「南裏クライミングスクール」の先生として活動をされておられます。

スクールのサイトはこちら

 

13歳から登山を始め、クライミング歴は40年を超えるベテランクライマーです。

静岡国体のクライミング競技のコーチとして静岡チームを優勝させたのはこの人です。

またビッグウォール・氷壁・高所などフィールドを選ばずにロッククライミングを行ってきました。

 

南裏健康さんには保恵(やすえ)さんという奥様もおられます。

奥様はフリークライミングの元アジア王者というから驚きです。

夫婦揃ってとってもクライミング好きで、なおかつクライミング界を引っ張ってきたといっても過言ではないでしょう。

 

 

地上6000mで宙吊りになった事故

パラグライダー

 

 

パキスタンにあるトランゴネイムレスタワー(6286m)に登頂した時に起きた事故です。

頂上からパラグライダーで飛び立ちましたが、直後に風向きが変わってそのまま墜落してしまいます。そしてパラグライダーが岩角に引っ掛かり宙吊りの状態となってしまいます。

場所が場所なのでヘリコプターでの救出が不可能であると判断されます。食糧もなく身動きすらとれない状態で1週間過ごすことになります。しかし、木本哲さんと保科雅則さんの2人が地上から約2000mの垂直の岩壁を登って救助へ。無事に3人とも生還できました。

 

2000mの岩壁を登って救出するというのが、私には全く想像もつかないですがよく諦めずに救助できたなと驚くばかりです。

 

これが1990年に起きた事故で、当時この大救出劇が世界で話題になりました。

 

 

まとめ

パラグライダーで命の危険があったにも関わらず、2017年に放送されたテレビ番組内で「南裏はパラグライダーを再開し、夫婦で挑戦することが今の夢」だそうです。

これほど人生をかけて情熱を燃やせることに出会えたということが素晴らしいですね!

 

皆さんも南裏さんのように「情熱を燃やせる何か」を見つけてくださいね!

もちろん私も探していきます!

 





-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

肘の痛み

針治療の効果で肘の内側の痛みが治った実体験

当初、私は針治療に否定的な考えを持っていました。 しかし、肘の内側の痛みが半端なくて日常生活に支障をきたすレベルまで痛みを感じるようになり、藁をもすがる想いで針治療をする決心をしました。 「おそらく効 …

プロフィール

どうも!はじめまして!

5才の子供と毎日、悪戦苦闘を繰り広げてるアラフォーのパパをやっております。

人と接するのが苦手な私は、自分の子供とも上手く向き合えていません。

そんな私が約2年ほど前に初めてDIYに目覚め、不器用ながら子供の喜ぶ作品を作り、子供とコミュニケーションを取ろうと奮闘してます。

最近のコメント

    ツイッターもやってます^^